運営スタッフ のすべての投稿

Q:内線直通電話機能とは?(プラス機能)

03発着信オフィスコールではお客様からお電話をかける際、特定の社員様に向けて発信することが出来ません。

これを有料にて直接つなげることが出来るプラス機能です。


03発着信オフィスコールについては下記記事を参照して下さい。

Q:03発着信オフィスコールとは?

 

「ご利用スマートフォンの追加登録」に付随する内線機能をさらに発展させた機能となります。

→続きはこちらから

Q:内線機能とは?(プラス機能)

いわゆる私設電話の機能である「内線電話」が使用できます。

内線機能の為、内線機能を使用した通話の電話料金は無料となります。

03発着信オフィスコールのプラス機能である「ご利用スマートフォンの追加登録」をご利用いただくだけでご利用が出来る機能となっております。

03発着信オフィスコールについては下記記事を参照して下さい

Q:03発着信オフィスコールとは?

→続きはこちらから

Q:ご利用スマートフォンの追加登録とは?(プラス機能)

03発着信オフィスコールを他の社員様のスマートフォンでもご利用できるようにする機能です。

03発着信オフィスコールは本来、登録したスマートフォン端末でしかご利用することが出来ません。

しかし、有料でスマートフォン端末を新たに追加登録することにより弊社が付与した03番号で他の社員様も03番号での発着信が可能になります。

※03発着信オフィスコールについては下記記事を参照して下さい。

Q:03発着信オフィスコールとは?

→続きはこちらから

Q:03発着信オフィスコールのプラス機能とは?

03発着信オフィスコールの機能を有料で機能を追加できるサービスです。


03発着信オフィスコールはご利用開始から使用できる留守番電話サービス機能の他にいくつか便利な機能が用意されております。

これを有料で機能を使用できるようにするサービスの総称を「プラス機能」といいます。

※03発着信オフィスコールについては下記記事を参照して下さい。

Q:03発着信オフィスコールとは?

→続きはこちらから

Q:03発着信オフィスコールとは?

お手持ちのスマートフォンで03番号による発着信が可能になる電話サービスです。

03発着信オフィスコール概要

スマートフォンに専用の電話アプリをダウンロードして頂き、そのアプリを通して03番号を発着信する電話サービスです。

また、ご利用開始から留守番電話サービスが無料でご利用出来ます。

その他、「プラス機能」という03発着信オフィスコールに様々な便利機能を有料にて取りつけることが出来ます。

→続きはこちらから

「03発着信オフィスコール」始まります!

2018年6月

お手持ちのスマートフォンで03番号の発着信を行うことが出来るサービス03番号発着信サービスが装いも新たに生まれ変わります。

その名も…

03発着信オフィスコール

お手持ちのスマートフォンのアプリを通して03番号による発着信は従前の通り可能です。

何と!

今回のリニューアルによって新機能が追加され、更に便利にそして様々なビジネスシーンで活用できるようになりました!

→続きはこちらから

バーチャルオフィス東京・銀座本日より通常営業開始です。

5/6まで弊社バーチャルオフィス東京・銀座はゴールデンウィーク休業をいただいておりましたが本日、5/7より通常営業を開始いたします。

本日より新規ご入会希望者様の入会審査、会員様の郵便物転送や電話サービスなども再開いたします。

ゴールデンウィークの休み明けである本日の東京・銀座の天気は今は曇り空が広がっておりますが本日は雨の予報だとかで休み明けから天候が崩れるようです。

休み明けより天気が崩れると残念な気持ちになりますがバーチャルオフィス東京・銀座は本日より元気に業務を行っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

→続きはこちらから

ゴールデンウィーク休業のお知らせ(2018年)

■■■ 5月ゴールデンウィーク休業のお知らせ ■■■

バーチャルオフィス東京・銀座・サービスオフィスBiz Home Ginza の運営につきましては日頃より多大なご協力を頂き大変感謝いたしております。

5月の連休中の休業のお知らせを致しますので宜しくお願い申し上げます。

休業期間中、特段のご予定のある会員様は可能な限り対応させて頂きますので、事前にご連絡くださいますようお願いいたします。

→続きはこちらから

辛い新年度の始まり

4月よりバーチャルオフィスでの転送にメール便が利用できなくなり会員の皆様に多大なご負担を強いることが予想されます。

当社でも、メール便の転送から郵便局での転送に切り替える為、内部の作業手順を変えたり、システムを整備いたしております。

今後は、大きさや重さなどにより料金が異なる為、要因を慎重に検討し、転送手段を選択する必要があります。

しばらくは、試行錯誤が続くと思いますが、ご意見がありましたら是非お寄せください。

→続きはこちらから