「契約について」カテゴリーアーカイブ

旧サービスをご利用の方のサービス内容

平成29年4月1日以前に入会した会員様で、継続して旧サービスをご利用の方のサービス内容は以下のようになります。

現在の弊社ホームページでのサービス内容は、平成29年4月1日のサービス内容刷新後の内容になりますので、旧サービスをご利用の会員様の現在の契約状況並びにご利用になれるサービス内容を確認する場合は下記URLをご覧ください。

http://www.office-tokyo.com/news.html

→続きはこちらから

契約内容の変更

平成29年4月1日よりそれぞれのコースのサービス内容、ご利用金額が変りました。

平成29年3月31日までに契約なさった方は、ご希望によりいつでも新サービスへ
の契約変更が可能です。

会員様に、ご利用状況を検討していただき旧サービス内容を継続するか新サービ
ス内容に変更するか選択してください。

変更を希望しない会員様は特段お手続きは必要ありませんが、変更を希望する
→続きはこちらから

Q:シルバーベーシックコースを複数利用したい

シルバーベーシックコースのご利用はご利用者1人(個人又は法人代表者)に付き1契約のご利用をお願いいたしております。

シルバーベーシックコースは当社通常コース(シルバー、ゴールド、プラチナコース)と異なり、バーチャルオフィスを始めてご利用になる起業初心者がイージーにかつ安心してお試しでご利用いただけるように設けたサービス内容です。

特異なサービス内容にしてコストを省き低価格にてご利用いただいておりますが、このような趣旨からお一人での複数契約のご利用はお断りいたしております。

→続きはこちらから

Q:シルバーベーシックコースは契約期間後継続はできないのですか

シルバーベーシックコースは3ヶ月間の契約期間がありますが、契約期間終了15日前くらいまでにご利用継続のご案内を致しますので、継続のお手続きをして頂ければ契約期間は延長し、以後も同様なお手続きで継続してご利用頂けます。

シルバーベーシックコースは3ヶ月間の利用料金を事前にお支払いただきますと、契約期間終了までその他のお支払無しにご利用できます。(ただし、契約期間中に郵便物が届きますと郵便物の処理手数料+郵送料実費が必要になります) 

→続きはこちらから

Q:入会審査は何のためにするのですか

業務内容やネット上の評判をお調べし、他の会員様のご迷惑になるような入会者を排除するためです。

特に、出会い系や情報販売、未公開株式や社債の勧誘などの業務でバーチャルオフィスをご利用になる場合、トラブルになるケースが多いため業務内容を精査いたしております。

又バーチャルオフィスを短期間で変わられたり、短期間でご自宅が何度も変わられる場合などもその経緯を確認いたしております。

入会後トラブルが発生致しますとネット上でバーチャルオフィス住所とともにあることないことで厳しく指弾され、あたかもその住所にある会社や事業者の全てが悪事を行っているような言われ方をする為、善良に事業を行っているほとんどの会員様に多大なご迷惑と損害をおかけすることになります。

→続きはこちらから

Q:海外法人ですが日本の支店として利用できますか

利用できます。 

海外法人の日本支店の登記住所としてバーチャルオフィスは使えますが、犯罪収益移転防止法の規定による契約者の住所確認を行いますので、日本支店の代表者の住所が日本国内にあること、住所確認が出来ること、日本語での手続きが可能であることなどが条件になります。

日本支店の登記に際し、日本支店の代表予定者によりバーチャルオフィスの個人契約を締結していただき、入会承認後バーチャルオフィス住所に日本支店の登記を行い、登記完了後会社謄本をFAX等でお送りくださり、メールにて法人契約に変更する旨をご連絡下さい。

→続きはこちらから

Q:契約後契約内容に変更が出た場合はどうするの

変更後又は変更登記完了後7日以内にお手続きをお願い致します。

契約書に記載された項目全てについて変更の手続きが必要になります。又変更内容に事前の審査が必要な事項もございますのでこれらは事前にご相談下さい。

予め変更を当社にご連絡頂き変更について審査を必要とする事項  

①法人会員の名称(個人事業を法人化する場合も含む)

②法人会員の代表者  

③事業内容  

④バーチャルオフィスの利用用途

 

→続きはこちらから

Q:法人登記後も面倒なのでそのまま個人契約で使いたいのですが

必ず変更後7日以内に変更手続きをしてください。

バーチャルオフィスのご利用は「犯罪収益移転防止法」や「特定商取引法」に規制されております。

当社といたしましてもご利用頂いている会員様の状況等を正確に把握した上で、適切なサービス提供を心がけておりますので、必ず契約内容に変更がありましたら規約に従い変更手続きをお願い致します。

郵便物の対応やお電話での対応、来訪者への対応などで会員様の状況を正確に把握いたしておりませんと、法人名で届けられた郵便物を差出人様に返還してしまったり、お電話がございましてもきちんとした対応ができないなどの事が起こり会員様に多大な信用失墜と損害をおかけすることにもなりかねません。

→続きはこちらから

Q:バーチャルオフィスに会社登記をしたいのですが

バーチャルオフィスに会社登記をする場合 

まず登記をする会社の代表者に就任予定の方がバーチャルオフィスを個人契約でお申込み下さい。

その際、入会審査で事業内容やバーチャルオフィスの利用用途につきお尋ねがありますので、設立する法人の事業内容をお答え頂き、利用用途は「登記住所」とご連絡下さい。

個人契約での入会ができましたら、お知らせいたしましたバーチャルオフィス住所に会社登記手続きをしてください。
その際、司法書士や行政書士の紹介もいたしておりますので必要なときはご連絡下さい。

→続きはこちらから

Q:一つの契約で複数の会社や複数の屋号を使えますか

一契約で一名義又は一屋号のご利用になります。

郵便物や電話への対応の際、一契約で複数の名義をご利用になりますと、対応の際混乱したり間違えたりする可能性が高くなり、会員様にご迷惑をお掛けしたり多大な損害を与えてしまうようなことになることを未然に防ぐためにこのようなお取り扱いをいたしております。

ただし、会員様の従業員様などは、事前にご登録頂き、必ず登録された会社名又は登録された屋号とともに表記するような場合は、対応いたしております。

→続きはこちらから