「その他いろいろについて」カテゴリーアーカイブ

レンタルオフィス半額キャンペーン

イマだけ半額、全てこみこみの36,000円キャンペーン

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

銀座のレンタルオフィス(サービスオフィス)を半年間半額でご利用できます。

1)
12ヶ月間のご利用で、半年間利用料金が半額の36,000円になります。

6ヵ月後には、さらに1年間毎月1万円のキャッシュバック。
  

電話の発信料金は実費をご負担いただきます。
→続きはこちらから

最安コースに保険サービスが登場!

この度、シルバーベーシックコース(1,080円/月額)専用の新サービスを開始いたします。


シルバーベーシックコースはバーチャルオフィス初心者向けのサービスで他コースにない特徴がありその特徴の為…

「継続ご利用のご案内」により契約期限内に継続のお手続きがなされない場合は退会となり、再度のご利用もできませんでした。

退会による「法人登記の移転」「新たなバーチャルオフィスの契約」など突然多くの負担を強いられることになっておりました。

→続きはこちらから

銀行口座の開設体験記、新着!

新年明けまして一発目のお知らせでございます。
遅くなりましたが本年もバーチャルオフィス東京・銀座をどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今回は弊社ホームページのコンテンツの一つである「バーチャルオフィスでも銀行口座は開設できる?」にまた新しい体験記事を更新いたしました。

バーチャルオフィスでの新設法人による銀行預金口座開設は非常に難しいと言われております。
→続きはこちらから

新しい「口座開設の体験談」入りました

バーチャルオフィスでの新設法人による銀行預金口座開設は非常に難しいと言われております。

そんな中、今回ご協力いただきましたご利用者様の体験をもとに弊社ホームページにて
バーチャルオフィスでも銀行口座は開設できる?
を更新させていただきました。

今回は登記間もなく、実績のない状態での預金口座開設…
→続きはこちらから

シルバーベーシック会員様へご案内

いつもバーチャルオフィス東京・銀座をご利用いただきありがとうございます。

「契約継続のお知らせ」「郵便料金補充のお知らせ」に関しまして期日までにご対応が無い場合は、「利用規約」により「退会の意向」であるとして期日を持って退会手続きをし「退会のお知らせ」を差し上げております。

しかし、メールを見てなかった、気がつかなかったなどとのご連絡をいただくことが多々あります。

ご指定のPCメールアドレスに2回(継続のご案内)をご連絡を差し上げておりますがPCメールはあまり見ていない、と見落とされてしまう方がいらっしゃいます。

→続きはこちらから

新規会員様ご紹介キャンペーン

バーチャルオフィスやレンタルオフィスを探している方をご紹介下さい。

新規の会員様の拡大と既存の会員様に日ごろの感謝の気持ちをお伝えするために、「ご紹介キャンペーン」を期間限定で行います。

当社のシルバー会員、ゴールド会員、プラチナ会員、電話代行・電話秘書会員をご紹介下さい。

ご紹介いただき契約が成立した場合は、下記の中からご希望のものを差し上げます。

○ 額面 3,000円のクオカード 又は 当社会議室 5,000円相当の利用券(ご利用期間の制限はございません)

→続きはこちらから

法人預金口座が作れました

法人預金口座開設ができました。
(当社のIT関連の会社様よりのご報告) 
 

みずほ銀行とジャパネット銀行で口座開設ができたとのことでしたので、申し込みの様子をお聞きいたしました。

バーチャルオフィス近くのみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行それにジャパンネット銀行にお申し込みをされたとのことです。

みずほ銀行は個人でお住まいの近くの支店をご利用になっていたそうです。

みずほ銀行は所定の書類を提出し、質問事項もあまり無かったそうですが、個人で取引のあった支店の預金には個人で行っていたころの売上げの入金等事業に関する記載があったとのことです。  

→続きはこちらから

法人預金口座開設ができない

法人預金口座開設が従前に比べて格段に厳しくなっております。

昨年7月より新設法人とりわけバーチャルオフィスでの法人設立の場合、預金口座開設が格段に厳しくなり、開設を断られるケースが多く発生しております。

これは振り込め詐欺や未公開株、出資など金融詐欺事件に新設法人とりわけバーチャルオフィスに設立された法人の預金口座が利用されるケースが多いことから、口座開設を厳格に行うよう警察庁から金融機関に要請がありそれを踏まえた処置ではないかと言われております。

→続きはこちらから

個人事業者の経理帳簿記帳義務化

記帳の義務化が平成26年1月より始まります。

従前は、所得が300万円超の場合にのみ経理帳簿の記帳義務がありましたが平成26年1月より個人の白色申告者でも事業を行っている場合はすべての方が、経理帳簿の記帳義務や領収書などの書類の保管義務が生ずるようになります

バーチャルオフィスを利用して週末起業を行っている方で申告義務のない方でも記帳が必要になりますので注意してください。

記帳義務化や納税者番号制度の導入などで、税務申告に関しより厳格になりますので、従前税務申告をしないで済ましている人は税務署に指摘されてから申告をするのでなく、法律の規定どおりの対応をお願いいたします。

→続きはこちらから

Q:バーチャルオフィスに会社の表札は出してもらえますか?

現在はお断りいたしております。

レンタルオフィスBiz Home Ginzaの会員様に関しましては、ビルの案内板や3階フロアーの案内板に社名や屋号をお出しいたしております。

バーチャルオフィス会員様の場合は対応いたしておりませんが、短期間出さなければならない特別なご事情がある場合などはご相談下さい。