Q:住所を画像処理するってどういうこと?

先日、こんなお問い合わせがございましたのでこちらにてご紹介させていただきます。

画像処理の意味が分からなかった!

画像処理をする意味が分からない

といった内容のお問い合わせがございました。
弊社ホームページにも詳細は記載してありますが改めてこちらにて解説いたします。

 



さて、こちらで説明している「画像処理」とは住所記載の方法のことです。

バーチャルオフィス東京・銀座ではご利用の際、ホームページでの住所記載をテキスト打ちではなく画像処理をしてでの表示をお願いしております。

と言うのも弊社をご利用している方はありがたいことにたくさんいらっしゃいます。

ではそんなたくさんの利用者が全ての住所を画像処理をせずに記載した場合どうなってしまうのか…?

 

画像処理を施さずテキスト打ちで住所を公開した場合…
GoogleやYahoo!などの検索ツールに引っかかるようになります。

 

→ 引っかかるとどうなってしまうのか?

住所検索をすると…
同じ住所に関わらず多種多様のお店であったり会社や団体名が出てきてしまいます。

 

これが大きな敷地にある住所であればそれほど問題はないのかもしれませんがこのご時世、住所を調べるとどんな場所でどの程度の広さなのかもおおよそ調べることが出来ます。
場合によっては建物自体を画像として閲覧することが出来ると思います。

検索した住所にそれ程広くもないハズなのにたくさんのお店や企業名が次々と出てきたら怪しいですよね?
検索をかけた方は不信感を抱きます。

これは信用問題に大きく関わることになります。

…それではどうすれば良いのか?

それが画像処理なのです。

 

そもそも検索ツールは画像を文章として認識はしないので画像処理を施すことで住所が検索されなくなるのです。
テキスト打ちですと検索ツールに見つかってしまい検索されてしまいます。

ですので弊社では住所記載を必ず画像処理にてお願いしております。
 



それでは、「じゃあ、そもそも画像処理とはなんなのか?」ということです。

画像処理自体は本当にかんたんでお買い上げになっただけのPCやスマホでだって出来ます。

それでは、ここで実例をご紹介いたします。

A 東京都

 

    tokyo

いかがでしょうか?
こちらは画像処理ソフトで作成したものです。

A がテキスト打ち。B が画像処理をしたものです。
A の「東京都」はマウスでのドラッグで選択が可能ですが B の「東京都」はドラッグによる選択が出来ない状態になっています。

(※ B の文字自体はテキスト打ちですので B から選択すると
 ドラッグはできてしまいます。
 この場合のドラッグによる選択とは「東京都」の文字自体を
 マウスのドラッグにて選択ができるかどうかを指しておりま
 す。)

弊社ではこの B の状態にてホームページでの住所表示をお願いしております。

 

画像処理を施すため見栄えとしては多少違和感を感じるかと思います。
またこれはディスプレイやお使いになっているブラウザによっても見栄えが左右される場合もございます。
実際にホームページに表示させた場合それ程気にならない程度で表示されるとは思います。

原則的には同じフォントの種類、同じフォントサイズで再現は可能です。

しかし、お使いになっているホームページ作成ソフトやホームページ作成ページによってはそれが出来ないこともございます。
これに関してはなるべく見た目が近いフォントと大きさを選んでいただきご自身で調整をお願いします。

 



画像処理の方法ですがお手持ちの画像処理ソフトをお使いください。
PCであればアクセサリ内にあるペイントでも作成は可能ですが無料ソフトでGIMPという画像処理ソフトがございます。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/gimp/
こちらを使ってテキスト打ちした後 jpeg などで保存して頂ければかんたんに作成出来ます。
 

またこちらのページよりかんたんに住所を画像処理をしてくれるページがございます。
http://www.office-tokyo.com/faq/?cat=6

テキストがHTMLに変換される、というものでテキストをコピーしてお使いになっているホームページ作成ソフトのHTMLモードで貼り付けるだけでかんたんに画像処理された住所を作ることが出来ます。

また、ホームページを依頼して作ってもらうつもりであるならば「住所の表記は画像に変換して」とお願いすれば問題ありません。特に業者様であればそのページに合った文字サイズにて画像処理をしていただけるハズです。
 



最後に補足として。

amazon様や楽天市場様でのご利用の為にバーチャルオフィス、もしくはレンタルオフィスのご利用を検討されている方はご注意下さい。
まずは必ず特定商取引法を確認しましょう。
http://www.office-tokyo.com/law.html


そして、amazon様や楽天市場様などは住所表記を画像処理した状態で掲載が出来ません
ショップとしてではなくあくまで個人として、住所の登録をしたいということであれば住所が表示されないので問題はありません。

 



いかがだったでしょうか?
お申し込みの際に参考になればと思います。


画像処理の方法、もしくはお分かりにならない点などございましたらお気軽にご連絡ください。

電話 03-5524-5961
E-Mail info@office-tokyo.com