キャンペーン情報−バーチャルオフィス東京・銀座で法人登記、電話転送も可能

バーチャルオフィスで東京・銀座に格安オフィス

バーチャルオフィス東京・銀座
銀座の格安バーチャルオフィス
おまかせ経理・格安で経理のアウトソーシング

シルバーベーシックコースのご案内

初心者マーク

起業初心者の方に
シルバーベーシックコースを

  • 起業でオフィスにお金をかけたくない
  • ●業務は自宅でするのでスペースは不要
  • ●でも、名刺やホームページに自宅の住所はどうも
  • ●仕事を始めたばかりで郵便なんかほとんど来ない
  • ●まれに取引先との打合せ場所が欲しい
  • ●バーチャルオフィス初体験
  • ●いくらかかるのか不安
  • ●いずれ大きな事務所をドーンと構えたい
  • ●解約時意味不明な請求があったりトラブルが怖い

  ⇒⇒⇒ そんなご要望やご心配、全て解決します。


女性

あの銀座に毎月1,000円で法人登記もできて、郵便も転送してくれる
3ヶ月ワンパック契約で5,000円のバーチャルオフィスがあります!!

(5,000円の内訳:入会金1,080円、3か月分利用料3,240円、郵便前払金680円)

起業をするということは、大変なパワーと、経済的負担が要求されます。
起業したからといって全てが成功するわけでもなく、起業後5年後の生存率は20% 、10年以内で5%と言われております。

そのため、少ない資金を何に重点的に投入するかということは、その後の生存率を大きく左右します。売上げや収益にそれほど直結しないと思われるオフィス家賃や留守番のための人件費、事務用機器のリース料。必要なものだけれど、無くても済むようなものをダイナミックに削減しそれを効率的にかつ集中的に投入することにより余裕を持った経営判断をすることが可能になります。状況によりましては、一時撤退することが必要な場合も出てくるかもしれません。その際も、再チャレンジのための力を温存した経営判断が可能になります。

多くの起業初心者は、まずは自宅を活動の場所として出発しますのでオフィススペースは絶対的なものではありませんが、対外的に活動の拠点としての事業所(会社)の住所は絶対的に必要です。しかし、家族の住んでいる自宅の住所を事業所の住所として名刺やホームページなどに記載し不特定多数の人たちの目にさらすのはどこか不安です。
そこで、オフィス機能としての大切な要因である事業所の住所、又は会社設立のための住所としてのバーチャルオフィスの選択は、これらの不安を取り除くとともに、かつ起業コストの低減を図り、起業リスクを小さなものにしてくれます。

当社が、起業支援の一環で提供しているシルバーベーシックコースは、このような起業初心者に低コスト、低リスクで起業を実現していただく大きな力になることと思います。


【シルバーベーシックコースの契約、サービス内容】

  • 事業所の住所法人登記のための住所をご提供いたします。

  • 郵便物のお受取、転送をいたします。郵便物をお預かりいたしますと、そのつどメールで差出人様のお名前や郵便物の内容をお知らせいたします。

    ※宅配便、書留(現金書留は除く)、代引き(事前の連絡必須)の転送も承っております。
  • 郵便物は、お知らせ後即日契約者様の登録住所(住所確認した居住地)に転送いたします。(引取、保管、破棄はできませんし、登録住所以外への転送もできません)

  • 郵便物は、処理手数料として1通300円をいただきます。又転送実費としてメール便代82円(通常の場合)が必要になります。

  • 3ヶ月間という契約期間があります。契約期間が満了になる15日前までに継続のご案内をいたしますので、継続金3,240円を期日までにお支払いいただきますと契約期間が3ヶ月間延長されます。以後、同様にして何度でも契約延長が可能です。
    但し、継続のお支払いがない場合は契約期間満了で契約終了退会となります。

  • 初期費用は5,000円。 (入会金1,080円、3ヶ月間利用料3,240円、郵便前払金680円)

  • 郵便前払金のお預り残高が400円以下になりますと任意の金額の補充をお願いします。
    期日までに、補充がない場合は補充期日を持ちまして契約終了退会になります。
    但し、退会になった場合は郵便前払金の残高は、金融機関の送金手数料を控除した残額を返金いたします。

  • 郵便前払金の残高は、郵便お預かりのお知らせメールの中に記載がございますので残高をご覧になり任意の金額を事前にお支払いいただきますと、お支払い内容等のご連絡がなくても、自動的に郵便前払金の残高に加算します。

  • 契約更新時に継続利用料金に加算して郵便前払金をお支払いいただきますと、継続利用料金を差引いた残額を自動的に郵便前払金残高に加算いたします。

  • 当社通常コース(シルバーコース、ゴールドコース、プラチナコース)への変更は可能ですが、契約内容やサービス内容の違いから、当社通常コースからするシルバーベーシックコースへの変更はできません。
    変更の場合は、当社通常コース(シルバー、ゴールド、プラチナ)を一度を退会していただき、新たにシルバーベーシックコースへのお申込みをいただき審査、入会承認後ご利用いただきます。
    但し、住所利用、郵便のお取扱いにつきましては、シルバーベーシツクコースの入会審査完了日までは従前のサービスを継続いたしますので登記の住所利用等もそのままご利用になれます。

  • 起業初心者支援ということから、ご利用はお一人様1回に限らせていただきます。退会後や一度申込みをしたが期日までにお手続きが完了せずお申込みが取り消された場合やお申込者様のご都合で未加入であった場合などでも再度のお申込み、ご利用をお断りいたします。

    これはシルバーベーシックコースが起業初心者の支援を目的として、起業初心者の起業に関する経済的負担と契約の煩雑さを極力軽減するためサービス内容を犠牲にしてコスト削減、価格重視
    にて運営していることによります。

  • バーチャルオフィス住所に法人登記をなさっている場合は退会日までに本店移転登記を行い、移転後の会社謄本を提出ください。退会日までに移転登記が終了しない場合はご相談ください。
    許可なく退会後も登記住所としてバーチャルオフィス住所をご利用になっている場合は利用規約
    により違約金並びに移転後の会社謄本提出まで従前の利用料金、延滞金を請求いたします。
    又退会後もホームページ等でバーチャルオフィス住所をご利用になっている場合も、利用が終了するまで従前の利用料金並びに延滞金の請求をいたします。


【シルバーベーシックコースのメリット、デメリット】

【メリット】

メリット
  •  ●月の利用料金が1,080円という格安
  •  ●契約期間は3ヶ月ですがいつでも解約ができて追加の料金も無い (除く郵便処理代)
  •  ●3ヶ月の契約期間が過ぎたら、3,240円の支払いでさらに3ヶ月間の契約延長
  •  ●契約期間の延長は何度でもOK
  •  ●郵便が来ると、そのつどメールでお知らせ、そしてその日のうちに転送
  •  ●書留郵便や代引きの宅配便にも対応してくれる
  •  ●郵便の前払金残額は退会後返金される
  •  ●法人登記の住所や税務申告の際の住所として使える
  •  ●来客があった場合も対応してくれる
  • 【デメリット】
男性
  • 郵便の処理手数料が1通300円かかる
  • ●郵便の転送実費が通常、メール便で82円かかる
  • ●郵便の引き取り、保管、破棄などには対応しない、全ての郵便物が即日転送される
  • ●郵便前払金の補充の案内があったとき、期日までに補充しないと退会になる
  • ●契約継続の案内があったとき、継続金の支払いがないと期間満了で退会になる
  • ●申込み未入会の時や退会後は再度利用はできない
  • ●利用コースの変更は通常コースへは可、その逆は不可(要新たな申し込)
  • ●契約期間の途中で解約しても未利用料金の返金が無い(除く:郵便前払金)

お申し込み
 

【個人で通販サイトを開設する方の特定商取引法上の表記について】

個人でネット上に「特定商取引法」に該当する通販販売のためのサイトなどを開設する方で、バーチャルオフィス住所を「特定商取引法」上の住所表記に利用したいとお考えの方。

「特定商取引法」上の業者の住所は

個人事業者の場合: 住所(居住地)又はその事業の活動の拠点となる住所になります。
バーチャルオフィス住所を ⇒ ご利用できません。

法人事業者の場合:その法人の登記住所を記載するよう定められております。
※その法人がバーチャルオフィス住所に会社登記をしている場合は 
バーチャルオフィス住所を ⇒ ご利用できます。

お申し込み  

バーチャルオフィス東京・銀座トップページへ

バーチャルオフィス東京・銀座コース・料金案内サービス案内
ご契約について新着のお知らせ&よくあるご質問特定商取引法の表記


バーチャルオフィス お電話でのお問合せ       E-mailでのお問い合わせ
Copyright(C)2006 AZEXエイゼックス. All Rights Reserved.