本文へスキップ

東京・銀座で格安のバーチャルオフィスをお探しですか?

What's バーチャルオフィス ? What's Virtual Office

バーチャルオフィスとは→?


固定のオフィススペースはありませんが、オフィスとして必要な機能を提供し、かつ都心の銀座という好立地にありながら、格安の料金でご自分のオフィスを持つことが出来るオフィスサービスです。

当社では…

住所貸し、郵便物等の受取転送、来客への対応、当社オペレータが電話対応する秘書電話、専用のFAX番号、会議室…

…といったサービスを提供いたしております。



高額な賃料や敷金を出して、オフィススペースを確保してもそれだけではオフィスとしては機能いたしません。

電話やOA機器を揃え、オフィスで電話や来客に対応してくれる社員さんを雇い、…事務所として機能するまでにはまだかなりの追加資金が必要になります。

普段は自宅で作業を行うのでオフィススペースは必要ないが、外出時の電話の対応や来客時の対応にはほんとに困っている。

自宅が事務所になっていると自分のプライベートを全部さらけ出しているようで、自分はまだしも子供や家族がいつ怖いことに巻き込まれるのではといつも心配だ。

ネット上で簡単に個人情報を入手できる昨今、毎日こんな危険と隣りあわせの生活を続けますか。



バーチャルオフィスはこのような心配やお悩みを一挙に解決いたします!!


・あたかもリアルな事務所を使っているのと同じような機能を格安の料金で利用できます。

・常時必要としない応接室や会議室などは多くの人とシェアすることにより効率的に格安に
 利用できます。

・常駐のスタッフがあなたへのお電話や来客に対応し、即時に報告いたします。

・会社の登記や名刺、ホームページなど多くの不特定多数の方がご覧になる住所はバーチャル
 オフィス住所。個人の住所や個人の生活は完全にガードされます。

・本当に必要なところに貴重な資金を投入することが可能になり起業の成功率のアップと
 リスクの低減が同時に達成できます。


バーチャルオフィスのメリット・デメリットとその対策

●デメリット●

●銀行口座の開設が難しい

バーチャルオフィスでは専用スペースがないため、実際はご自宅などで事業活動を行うためバーチヤルオフィスでは事業実態がつかめず事業の内容がわかりづらいことなどから口座開設が難しい場合が多いようです。

但し、バーチャルオフィスでは全てダメということではなく、ようは金融機関が事業実態等を理解でき、信頼にたる会社又は事業者であることを認識してくれれば預金口座の開設は可能なようです。

●事務所規定のある許認可は取れない

人材派遣業や古物商の許認可のように事務所についての規制がある許認可は許可されません。

●銀行融資などが困難

銀行融資の場合、金融機関が企業の実態を調査するため直接企業を訪問しその内容を調査することなどから、バーチャルオフィスでは活動実体を見たり調査することが困難であるため融資を断られることが多い。

しかし自宅等が活動拠点である場合は、その場所を見てもらうなどすることにより可能になることもあります。

●同じバーチャルオフィスにある会社は住所が皆同じになる

バーチャルオフィスの場合一つの住所を多くの会員様が利用するため住所が皆同じになってしまいます。

特にネット上で住所検索などをすると同じ住所に何十何百と言う会社が登録されており不審に思われることがあります。

そのためネット上で住所検索されても検索できないような方法で住所を記載するなど対策をいたしております。

●メリット●

●費用が格段に安い

通常の事務所のように敷金や礼金がなく都心の一等地でも格段に安いです。

●専用のスペースはないが事務所としての機能はすべてそろっている

事務所としての専用のスペースはありませんが会議室やワークスペース、リフレッショスペースなど事務所
として必要なスペースは会員様でシェアしてご利用できるようになっております。

又、OA機器なども設備されており必要なときはいつでも利用でき、電話対応や郵便やFAXの転送などのサービスもあり自宅等が活動拠点になっていてもなんら不便はありません。

●自宅住所を公表しないため安心して事業活動ができる

自宅を活動の拠点にしている場合、ネット上での事業所の住所も、名刺上の住所も全て自宅住所になります。いながらにして自宅を公表しているようになってしまいます。

しかし、登記住所をバーチャルオフィスにした場合、会社と自宅の分離が可能になりますので自宅を公表するリスクが大幅に低減できます。